ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

オール電化とガスってどっちがお得?

    

オール電化という言葉が広く知られ、認知されるようになってから久しいです。

オール電化はお得で安全というイメージがありますが、やはりまだガスとの併用のほうが経済的で、オール電化からガス併用に再び切り替える方も増えているそうです。

オール電化とガスのどちらがお得なのか、考えてみます。

オール電化のメリット・デメリット

オール電化のメリット・デメリットについて考えてみましょう。まずはメリットから。すべてを電気に(水以外)一本化できます。したがって電気以外の基本料金がいらないので、これは大きな節約になります。電気代も料金プランや深夜電力を、電気温水器の使用などはうまく使うことで節約できます。さらに、太陽光発電と併用することで大幅に節約できます。

また、生活費を単純化できて便利になります。家計簿のゴチャゴチャもすっきりですね。そして「火」を使わないので、とても安全性が高いです。火事が発生する確率を低くすることができますし、小さなお子さんがいても火傷などの事故も防げます。また、災害時でのライフライン喪失時でも、電気はいちばん復旧スピードが早いので、いち早く普段の生活を取り戻すことができます。

便利な半面、デメリットも存在します。いちばん大きなデメリットとしては、やはり導入への初期費用が高額なことでしょう。電気温水器もIHクッキングヒーターも広く普及しているとはいえ、決して安いとは言えないでしょう。

太陽光発電の設置費用もやはり高額です。電気ですべてを賄っているのだから、電気が止まれば当然何もできません。電源喪失の瞬間から家は住宅としての機能を失ってしまいます。先程電気は復旧スピードが早いことを挙げましたが、先の大震災のように発電所そのものが被害を受けると、大幅に復旧も遅くなってしまいます。

ガス併用のメリット・デメリット

それではガスのメリット・デメリットを考えましょう。やはりガスは火力が強いのがメリットです。強い火力を必要とする料理には断然ガスです。代表的なのが中華料理で、ガスならチャーハンもパラパラで美味しいです。また、ガス炊飯器で炊いたご飯は美味しいですよね。鍋やフライパン、やかんなどの調理器具も、IHクッキングヒーターでは専用のものを揃える必要がありますが、ガスコンロではどちらのものでも使うことができます。

火力が強いメリットは料理だけではありません。ガスのストーブやヒーター、乾燥機は電気式に比べるとハイパワーで効率がよく、むしろランニングコストが安く収まる場合もあります

デメリットを考えますが、思ったほどデメリットが少ないです。考えてみればオール電化が世に出る前は、ほぼ全てが併用で当たり前だったわけですから、いろいろと問題点も改善されています。

それではデメリットが無いかと言えばそうでもなく、そのままオール電化メリットの反対のことが多いです。基本料金がかかり、家計も複雑化します。火を使うので火事や怪我の事故の発生の危険性があがり、とくに地震などの災害時には火災の発生源になりやすいです。中毒や爆発の危険性もありますね。

それと都市ガスとプロパンでは料金体系が違うので、コストも変わってきます。とくにプロパンでは自由料金設定なので、販売会社によっては高額になったりします。

どちらがお得かはライフスタイル次第

どちらがお得なのかは生活のスタイルや、住む場所によって違ってきます。引越しをする先がマンション、アパートなどで、すでにオール電化されているならば迷う必要は少ないです。家を新築してそこに引越しをする場合も、設計の段階からオール電化を意識したものにすれば配管工事などの手間が省けるので建設費用を抑えることができます。

このように引越しをする場所によって変わってくるので、オール電化は新生活を始める機会に導入するのが無理は無いようですね。オール電化が向いている、あるいはお得なケースは、ガスが高いプロパンしかなかったり、高齢者や子供がいて安全面に気をつけたい方、または太陽光発電システムを導入する機会がある方です。仕事などで家には日中は誰もいない場合も、深夜電力を利用することが多いのでお得になります。

都市ガスを利用して併用している場合は、無理にオール電化や引越しをしたりしてする必要は無いでしょう。高齢者や子供、火事が心配なら、IHクッキングヒーターくらいは電化していくのがいいかもしれません。オール電化は光熱費の節約にとても効果があったのは過去の話で、実際には電気料金の値上げにともない劇的な効果は薄くなってしまったのが現状です。

しかし、利便性や安全性は光熱費の節約以上にメリットと感じられる方も多いでしょう。何を重要視するのかをしっかりと考え、ご自身やご家庭のライフスタイルに合った選択をされるのが良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。電力会社にしてもガス会社にしても、有利な点はとてもよくアピールしてくれますが、不利な点となるとなかなか紹介はしてくれません。大切なご自身やご家庭がどのように暮らしていくのかによって、最善の選択をすることです。一度じっくりと考えてみてはいかかでしょうか。