ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

マンションでも電力会社を選べるの?

    

将来の先行きが不安な現代社会、少しでも節約しようと思ったときに食費や娯楽費を削っても実はそれほどお金を貯めることは出来なかったり、むしろギスギスしてきてしまって家族の心に悪影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

無理なく節約となると、おすすめは通信費や光熱費の見直しをすることです。

マンションやアパートに引越しても大丈夫

2016年4月から法律が改正されたことで、過程などに向けた電力小売が全面的に自由になりました。これが電力自由化です。これにより地域ごとに決められた旧一般電気事業者の料金プランしか契約できなかったのが、新たに様々なプランから使いやすいもの・お得なものを各家庭が自由に選べるようになったのです。

とはいえ、これはあくまで戸建て住宅に引越しした場合のことであり、マンションに住んでいる自分たちには関係の無いものと思われている方が多いのではないでしょうか。ですが、賃貸マンションだって充分にその恩恵にあずかることは出来るのです。

集合住宅にて工事は難しいのではと思われているかもしれませんが、電気のメーターは電力会社の持ち物ですから戸別に切り替えることが可能です。スマートメーターというのを付けなければなりませんが、依頼すれば住まいの地域の電力会社が工事してくれます。

切り替えには原則費用もかかりません。現在契約の電力会社の解約手続きは切り替え先の会社がやってくれるし、思っている以上に楽に電力会社のお引越しは済ませられます。ただそれだけで電気代が格段に安くなることも、やらなければ損なので関係ないことと思わず調べてみて実際に体験することをおすすめします。

マンションの住民は電力のお引越しが出来ないという声も多く伝わってくることでしょう。この噂も、決して誤りではないのです。

高圧一括受電契約のマンションであれば難しい

マンションの管理組合が高圧電力を一括契約してそれを低圧電力に変換し、それを各世帯に配電する仕組み。それが高圧一括受電です。この方が電気の購入と各家庭への配電の間に利益が生じ、マンションの管理会社としてもメリットが高いのです。光熱費込みと契約に書かれている物件の多くはこの方式を取っていると思っておいて下さい。

また、管理会社がすでに大口顧客向け契約を結んでいる場合にもそこに住む住民たちが勝手に契約を変えることもできません。街のランドマークとなるような大規模マンションであれば、すでに商業ビルやオフィス・工場などと共に2000年には電力自由化がスタートしているのです。なので、その段階でもう電力自由化を導入していることも、充分に恩恵を受けている可能性だってあります。

もしもこれから引越しをするというのであれば、電力自由化について詳しく調べてみようという方も、まずは入居するマンションがどういった形態にて電気事業者と契約をしているのかを確かめてみましょう。不動産屋さんや管理会社さんに問い合わせればすぐに分かります。

一括受電をしているがゆえに電力自由化の恩恵が受けられないとする住民の声もあり、国会でも重大な問題として取り上げられているので今後建つマンションに関しては、高圧一括受電契約を行っていないようなところが多くなるのかもしれません。

高圧一括受電契約マンションもおすすめ

一括受電しているような所は問題あり、すぐに引越すべきだとは言いません。他の商品を購入する場合にも同じですが「まとめ買い・団体割引」などの言葉もあるようにすでに十分安くなっていたりもするからです。

2016年からようやく自由化が始まった戸建てと違い、すでに2000年にはその恩恵を受けられていたりもします。電気に限らず、ガス代や水道代も含めて光熱費全体を安価に提供してくれている管理会社だって多数存在しているものです。

それぞれの家庭で様々な料金プランの中から好きなものを選べるようになるというのが電力自由化のメリット、でもすでにそれ以上に安くマンションの住民が全員快適に暮らせていたりもするので、今一度具体的に数値を見ながらそこでそのまま暮らしていくのかもっとお得なところにお引越しをすべきか、検討することとしましょう。

どちらにもメリットはあります。電力自由化を受けることの出来ない、高圧一括受電契約をすでに結んでしまっているマンションでも充分節約になっていることもあるのです。一括受電の場合、通常であれば10年間の契約を結んでいますから、たとえ反対運動や反発を行なったところで今更住民の意見を汲んで低圧電力にすでに切り替えてしまうということは、ほぼ不可能です。もしもそれが嫌ならまた別のマンションを探してお引越しするしかありません。

 

自分には関係ないと遠く傍観者を決め込んでいるマンションの住民の方、もしかしたら大きく影響してこないとも限りませんし何よりそれを機会に電力について見直し、勉強することで光熱費を削ることが出来るチャンスとなるかもしれません。