ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

電気料金に納得してる?新電力会社から新電力会社に乗り換えもあり!

    

2016年4月に家庭向けの電力小売りに関しても全面自由化され、様々な業種の企業が電力を販売するようになりました。

「面倒そう・わざわざ変えなくとも」と地域の電力会社をずっと今も使い続けている方もいれば、すぐに他社にお引越しをして電気料金のお得さを実感している方もいるのではないでしょうか。

新電力会社から新電力会社へのお引越し

とにかく様々な企業が電力の販売に参入しているのです。2016年の段階ではまだだったけれど、その後に参入してきた企業もあることでしょう。料金プランとか見ているとそちらの会社の方がより電気料金を安く出来る・我が家のライフプランに合っていると分かったら、その時点でまたお引越ししても問題はありません。

何しろ電力が自由化されているのですから、どこを選ぼうがあなたの自由です。もっとお得にして電気料金を節約しましょう。ただ、広告宣伝文句でよく見えても実際にはそう変わらなかったりむしろ高くなってしまうこともあり、しっかりシュミレーションをした上できちんと選ぶべきです。

電気のお引越しを新電力会社から行うことでかかってくる初期費用というのもあるのです。それも踏まえたうえでやらないと引越し貧乏になってしまいます。そこさえ気をつければ、法律で禁止されているわけではありません。

すでに自由化してから3年以上経っているのですから、いくつもの会社を転々としてきたような方だっているでしょう。ずっと変わらず地域の電力会社を使い続けてきた方と比べるとどれだけの差が出てきているか、それを知ればお引っ越しを渋っていた方々だって重い腰を上げるかもしれません。

食費や娯楽費を削るよりも楽に、家庭内をギスギスさせるようなことも無駄な忍耐を続けることも無く確実に節約できます。

工事費用はもうかかることはない

電力会社を初めて新電力会社へとお引越しする際に、電力メーターを「スマートメーター」というものに切り替え工事したことでしょう。

こちらの交換も基本的には無料ながらも、新しくメーターを設置するようなスペースが無かったり交換作業をしたら壁が崩壊してしまうといったレアケースに当てはまってしまい、工事費用が請求されて初期費用としていくらか出すこととなったかもしれません。

でも一度設置したスマートメーターは、新電力の会社であればどこであろうと同じものを使うこととなるのです。すでに交換済みですから今後は工事不要です。そういった意味では安心で、初期費用はかからないでしょう。

場合によっては契約事務手数料を取られることもあるかもしれませんが、ごくごく少数です。項目としては書かれていながらもキャンペーン中ということで実質無料にしているような扱いのところもあり、やはり初期段階で予算を圧迫してくるようなことはないのです。

ただし、ごく稀とは言っても請求してくることもあります。その相場はだいたい3千円前後、次々と会社を変えてその度に支払わなければならないのであればそれだけの額とは言え重くのしかかってくるでしょう。

そういった費用も発生することがあるというのは知っておき、それも含めてシュミレーションしておくことをおすすめします。そして、新会社から新会社へとなるともうひとつ発生する可能性のある金額があります。

解約のための違約金が発生することも

長年利用してきた地域の大手電力会社、電力自由化により新電力会社にお引越しした方は多くいることでしょう。その際に、特に解約時の違約金というのは掛らなかったのではないでしょうか。一般的なプランからの乗換えだと発生することは基本的にはないのです。

ただし、新電力会社から新電力会社へとなると違約金が発生するケースは多くなります。とはいえこちらも1年未満の解約によって2千円程度が相場、決して支払えない額ではありません。

でも次々とお引越しを繰り返してその度に2千円を支払うと、それなりに家計を圧迫して来る金額へとなっていくことでしょう。何より、お得になるために行っているはずのお引越しが意味の無いものとなってしまいます。

安くなると言っても大手の会社からの乗換えでせいぜい5パーセントから10パーセント程度、解約金の2千円と契約事務手数料の3千円・合わせて5千円を相殺出来るまでにどれだけかかるか、それだけやっても新会社へとお引越しするのに意味があるのかどうか、今一度考えてみた方が良いかも知れません。

一つの会社に変えるだけならそれほどの負担ではなくとも、めあたらしさを求めて次々と変えていくとなると結構な負担となる額です。どうせやるなら、料金が発生しない会社をよく調べた上で上手く渡り歩いて行く方法です。そこまで調べ上げてから行うべきなのです。

 

自由化が始まってすぐに飛びついた方、そこから数年経ち新たな会社が参入してきていたりもっと魅力的なプランも打ち出されているかもしれません。そこにまた飛びつくのも良いですが、まずはお引越しでどういった費用が発生するかは調べておくべきです。