ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

電力会社を乗り換えたら変わるのは料金だけ?電気の質は?

    

電力自由化が日本で導入されたことで、これまでできなかった電力会社の引越しができるようになりました。しかし、今まで通り不自由なく電気を使い続けることができるのか、停電しないのかなど気になることがたくさんあるはずです。電力自由化によって何が変わったのかを考えていきましょう。

新規参入会社が提供している電気とは

たくさんの新規参入業者がありますが、一体どのように電気を調達しているのだろうと思いませんか。新しく発電所を建設したり、送電線網を作ったりしたわけではありません。どちらも新しく作れば膨大ない費用が必要です。

従来の電力会社から大量に電気を購入して、それを安く企業や個人に提供しています。だから、質が下がるようなことがないので、安心して電力会社の引越しすることができます。なぜ、安く提供できるのかと言うと、団体割引制度があるために大量購入すると割引料金が適用されるので、企業や個人に対して格安で提供できるようになりました。

もちろん、送電線網も元々あるものを使っていますから、電力会社を変えたからと言って送電線を切り替えたりすることもありません。使用するものが変わるわけではなく、これまでと同じように使うことができますので、多くの人がすでに電力会社を変えていることでしょう。

新規参入会社がたくさんあるけれど、そういうところを利用して本当に大丈夫なのだろうかと、不安になっているために何もしていなかったと言う人はとても多いのかもしれません。たしかに、質が低下してしまうようでは安心できないでしょう。電化製品に囲まれて生活していますし、それらを自由に使えなくなってしまうとかなり不自由な生活になるでしょう。しかし、質が下がることはないので、安心してください。

質が下がらず料金を安くすることができるが注意が必要

すでに述べたように、従来からある電力会社から大口割引で大量購入した電気を企業や個人に売却していますから、私たちはお得に利用できます。 電力会社同士が競争する時代となったために、価格競争がようやく始まりました。他社へ引越しすることでお得になるかと言えば、必ずしもお得になるとは限らないので、気をつけて電力会社を選ばなくてはなりません。

これまで利用し続けている電力会社にも当てはまりますが、どの電力会社も複数のプランを用意しています。どのようなプランなのかをよく理解した上で比較しなくてはなりません。昔からある電力会社も新しいプランを用意しているでしょうから、他のプランに変えるだけで節約できる可能性もあります。

料金シミュレーターを活用すると今の電気料金と比較できて便利です。家庭によっても事情が違いますし、自分たちのライフスタイルに合った料金プランにすることで節約できるでしょう。ライフスタイルに合っていない料金プランにするとかえって割高になる可能性があるので気をつけてください。

安易に他社へ引越しすれば節約できると思わないことが大事です。それぞれの電力会社には、どのような料金プランがあるのかをよく調べてそれから引越しするかどうかを決めてください。電気の質が全く変わっていないにもかかわらず、これまでよりも料金が高くならないようにしましょう。

料金以外にもお得な特典が付いていることも

電力自由化によって、他業種からの参入が多かったので、料金プラン以外にも注目してください。ポイント制度を導入していることが多いので、そのポイントをどうやって貯めるのかや、何に利用できるのかまで調べましょう。鉄道会社やケーブルテレビなど全く違う業種が参入しており、電気とは全く関係がないことにもポイントが使えたり、共通ポイントとして貯めることができたりもします。

電力自由化だけではなく、ガス自由化もスタートしていますのでガスも同じ会社にすることでより一層料金が安くなることもあります。もちろん、ガスとまとめなかったとしても、他のサービスと組み合わせることでより一層安く利用できることも少なくありません。

同じ会社でいろいろなサービスを受けるようにすることで、料金が安くなります。支払い先が1カ所だけになった方が利用者側としても楽になるでしょう。電気の質は変わらないことを考えると、自分がこれまでよくサービスを利用していた業者を選んだ方がいいのかもしれません。

複数のサービスを同じ会社にまとめることで、ポイントがどんどん貯まるメリットもあります。ポイント制度を導入している会社に限られますが、一つにまとめることで得られるメリットは想像以上に大きいです。

他にも業者が独自のサービスを提供していることもありますので、料金以外にどのようなサービスを提供しているのかまで調べる必要があります。

 

電力会社を変えることは、電気の質を下げることにはつながりませんし、メリットがたくさんあることがわかります。他業種から参入していることで、利用者側に大きなメリットが得られることがわかるので、複数業者を比較した上で慎重に乗り換え先を決めましょう。