ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

電力会社を乗り換えるには工事は必要なの?

    

新しく電力自由化というルールができましたが、新しい電力に乗り換えるには面倒な工事などが必要なのではと心配している人もいるでしょう。

宅内工事は不要で、従来のアナログ式電力メーターをデジタル式スマートメーターに交換すると簡単に乗り換えることが可能です。引越しなどを機会に、電力会社の見直しを行っている人が増えています。

大掛かりな工事は必要ない

新しい電力会社に乗り換える場合、道路を封鎖したり高所作業車を使用するような大掛かりな工事はありません。必要になる工事として、基本的に屋外にあるアナログ式電力メーターから最新デジタル式電力メーターに取り替えるだけで完了します。

デジタル式電力メーターをスマートメーターと呼んでいて、工事ではなく交換設置と呼んだ方が良いでしょう。簡単な作業になるので短時間で終了することが可能です。

手続きは新しい電力会社のインターネットホームページなどで行うことができ、新しい会社に申し込むと電力会社で手続きを行うことができます。契約中の電力会社との解約手続きも不要です。

申し込み時に必要な情報は契約者名や住所、支払方法など基本的な内容で、契約中の電力会社の番号や供給地点特定番号なども必要になります。毎月届く検針票に記載があるので事前に準備しておくとスムーズに手続きすることが可能です。

安いお得なプランに変えたい場合、電気料金比較サイトなどを利用する方法があります。住んでいる地域において契約可能な会社を比較することができ、自分のライフスタイルに応じた会社を選択することが可能です。

電力会社を切り替えると電気代を安くすることができ、引越しなどをきっかけに乗り換える人が増えています。いろいろな電力会社があるので、ぴったりのプランを見つけることができるでしょう。

スマートメーターの設置が増えている

スマートメーターは新しく電力会社を切り替える際に設置が必要な機械です。従来電力使用量を計測する場合、円盤が回るアナログ式電力メーターを利用していました。検針員がメーターの数値を確認し、電気使用料金が記載された検針票などを発行する仕組みです。

しかし現在デジタル式スマートメーターによって使用量を管理することができ、デジタルで使用量を計測したり電力会社に自動的で送信されるシステムになっています。検針員が家庭に足を運んだり確認することはなくなっています。スマートメーターは使用量をデジタル計測することができ、30分毎の使用量を電力会社に送信することが可能です。

データ推移は契約先の電力会社が提供していると、パソコンからチェックすることができます。時間帯における電力消費量の差や季節の使用量について、消費者が把握しながら節約に繋げることが可能です。

電力会社によっては2020年までにすべてのメーターをスマートメーターに交換していくという目標を掲げていて、設置作業を進めています。2024年度末ぐらいまでに設置が完了すると言われていて、引越しなどの何かしらのきっかけに関係なく既にスマートメーターを導入している家庭が増えている傾向があります。

設置しただけでは新しい会社に乗り換えたことにはならないので、自分で手続きしなければいけません。従来通りの地域を管轄している料金プランのまま、使用することになるので注意が必要です。

お得なプランをいくつか検討してみよう

スマートメーターはこれまで利用しているエリアの電力会社が設置するもので、古い電力メーターの利用期限が近づいたアイテムからスマートメーターに換えられています。電力会社を変更する場合、優先的に交換することになっていてスマートメーターの代金や工事費用、出張料などの費用は基本的に無料です。

交換時期になるとメーター交換の連絡がポストに投函され、通常何月何日に交換しますや在宅の必要がありませんなどの連絡が届くようになっています。交換する場合10~20分で終了することができ、消費者は何もすることがありません。

例外としてスマートメーターを設置する場所において補強工事などが必要になると、追加費用が発生することもあるでしょう。そのような場合電力会社の社員からあらかじめ料金提示があるので、請求分の料金を支払うことになります。

スマートメーターが設置されると、電力会社を乗り換えても交換する必要がありません。新しい電力に乗り換えても基本的に工事費が無料なので、お得なプランを検討することをおすすめします。

引越しなどを機会に料金プランや電力会社を見直す人は多く、地域の電力会社以外に自分の使用状況に合った会社に変更したり、電気代を抑えることが可能です。変更しても工事費がかからないので、家計を節約することができます。

スマートメーターを設置すると使用状況を確認することができ、生活費を見直すのに参考にすることができるでしょう。

 

引越しなどの機会に電力会社を乗り換える人が増えています。基本的に工事費などは不要で、スマートメーターに交換するだけです。新しい電力に乗り換えても使い勝手は変わらないので、自分のライフスタイルに合ったプランを選択すると電気料金を節約することができます。