ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

電力会社との契約で必要なものは?

    

引越しをした場合には、新たな引越し先で電力会社と契約をする必要があります。2016年からの電力自由化により、利用する会社は自分で選ぶことができるようになりましたが、ここでは契約をする際に必要となるものについて、詳しく紹介していきます。

契約をするために必要になる書類

引越しをした場合に、新しい住居で生活をするためにまず必要になるのが電力です。電気が通じていなければ、暗くなっても電灯をつけることさえできないために、生活をするのにも何かと不便です。

こうした理由から、電力会社との契約は、荷物を新居に運ぶ前にあらかじめ済ませておけば、引越しをした際にもすぐに、新しい生活を始めることができます。電力会社に利用の申し込みをするためには、必要になるものがいくつかありますが、どのような会社に申し込む場合でも必要になるのが、契約をするための書類です。

書類は電力会社に連絡をすれば郵送してもらうこともできるので、好きな会社を選んで申し込むことができます。電力自由化によって、料金やサービス内容が異なる会社を利用できるようになっているので、予算や目的に合わせて利用する会社を選ぶことができます。

書類を郵送してもらったら、必要な事項を記載することで申し込みは完了しますが、この際に必要になるのが、書類に記入するための各種の正確な情報です。書類には正しい事項を記載していく必要があるので、それぞれの項目に該当する事項を、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

引越し先の住所は特に正確に書く必要があり、マンションやアパートが引越し先の場合には、建物がある丁目や番地だけでなく、部屋の番号までしっかりと記入する必要があります。

料金の支払いに必要になる口座やカード

電力会社に申し込む料金の支払い方法によっては、申し込みに別途必要になるものもあります。毎月の電気代を金融機関の口座から引き落として支払う場合には、支払いのための口座が必要になります。

すでに所有している金融機関の口座を使用して料金を引き落とすこともできますが、電気代を支払うために新しい口座を開設することも可能です。新しい住所の近くに、それまで利用していた銀行の支店がない場合には、近くに支店のある銀行で新たに口座を開設するのも、便利な方法です。口座への入金も簡単にできるために、電気代の支払いもしやすくなります。

クレジットカードを利用して料金を支払うことも可能で、その場合には支払いに利用できるクレジットカードを準備する必要があります。すでにクレジットカードを所有している人の場合には、そのカードで料金の支払いができるかどうかを確認してみる必要があります。クレジットカードを所有していないけれど、電気代の支払いのために利用したい人は、新たに申し込みをしてクレジットカードを作成する必要があります。

新しい電力会社と契約をしたい場合

引越し先で電力会社と契約したけれど、すぐに別の会社に変更したくなった場合にも、簡単に変更することができます。利用する会社を変更する場合に確認する必要があるのはお客様番号です。

これは電力会社が毎月発行している検針票に記載してあるもので、各月ごとに使用した電気の量や請求金額と一緒に、記載されているものです。このお客様番号は、一人一人の契約者にそれぞれ異なる番号が設定されているので、新しい会社と契約をする場合にも必ず必要になります。

検針票が発行されない場合でも、領収書などを確認すればお客様番号を確認することができます。会社によってはインターネットで調べることも可能です。どうしてもわからない場合には、直接会社に電話で尋ねてみることもできます。新しい電力会社に申し込みをする場合には、供給地点特定番号も必要になります。

これは引越し先の住所がある場所を示す番号で、どこの地点に電力を供給すればよいかが、簡単にわかるようになっています。22桁の数字が使用されていて、全国各地の土地によって数字の番号が異なっています。この供給地点特定番号も検針票に記載されているために、お客様番号を調べる際に一緒に確認することができます。

新しい電力会社と契約をする場合には、スマートメーターも必要になりますが、これは従来の電力メーターとは異なり、電力自由化に対応できるようになっています。通信機能が設置されているために、離れた場所からでも検針できるようになっています。

日本では電力自由化に合わせて、全国各地の建物で電力メーターの交換が進められていますが、引越し先のメーターがまだスマートメーターになっていない場合には、交換が必要になります。交換をするための手続きは簡単で、契約をする会社に申し込めば交換してもらうことができます。

メーターの交換にかかる費用は無料です。取替えの際の立会いも不要なために、会社に通勤している人でも日中にメーターを交換してもらうことができます。

 

引越しをした場合にまず初めにしなければいけないのは電気の契約で、電気が利用できないと家電も使用できないので、早めに完了する必要があります。申し込みのために必要なものは限られていて、書類に必要な事項を記入すれば、電気を利用することができます。

書類は電力会社に連絡すれば郵送してもらえますが、金融機関の口座を利用して、電気料金の引き落としをしたい場合には、あらかじめ口座を準備しておく必要があります。クレジットカードを利用する場合にも別途準備が必要です。新しい会社に申し込みをする場合には、お客様番号や供給地点特定番号も必要になります。