ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

引越しの際の電力会社への手続きはいつすればいい?

    

引越しをするときは、それに伴ってさまざまな手続きをしなければなりませんが、重要なものとして電気があります。ここでは、電気の使用停止をするときに業者へ連絡するタイミングや、新居での使用開始などについて紹介します。

使用停止の連絡をするタイミングはいつがいいのか

引越しを何度もやっている人なら、その際に電気の使用停止手続きをすることを知っているのですが、初めての場合はそのことすら思いつかないケースもあるでしょう。

しかしこうした公共料金というのは、使用したかどうかにかかわらず、契約が解消(使用停止)されないかぎり料金がかかってしまいます。もちろん使わなければ、その使用分の料金はかかりませんが、公共料金には基本料金があるので、契約が続いている限りはその分の料金がかかります。

そのため使用停止手続きをしっかりとしておかなければ、新居で利用する分も合わせて二重に料金がかかってしまうことになるのです。こうした事態を防ぐためには、事前に使用停止の連絡を業者側にしておく必要があるのですが、どのタイミングでやったらいいか分からないという人も多いかもしれません。

一般的には、引越し当日の「1週間前」というのが目安になると言われており、やや余裕を持って連絡するのが望ましいとされています。実際には当日でも受け付けてもらうことは可能なのですが、何かと忙しくて連絡を忘れてしまう可能性もありますし、そうなると余計な料金がかかってしまうこともあり得ます。

ですので、1週間前が無理ならせめて3日前までに連絡しておくと安心ですし、逆にスケジュールに余裕があれば2週間前でも構わないと言えるでしょう。あるいは、引越しまでの期間にかなり余裕がある場合は、いつまでに使用停止の連絡をするというスケジュールを立てておくと良いと言えます。

使用停止手続きの方法や立ち合いなどについて

使用停止の連絡は、1週間程度の余裕を持っておこなうとよいということを先ほど説明しましたが、手続きの方法も知っておきましょう。方法としては、電話とインターネットがあり、インターネットの場合は業者のホームページ上でおこなうことができます。

どちらの方法でも、業者側に伝える内容は同じであり、氏名や新旧の住所、そしてお客様番号などを伝える必要があります。お客様番号については、検針票などに記載されているので、連絡をする際はそうした書類をあらかじめ用意しておくとよいでしょう。

ただし電話については、受付をしている日や時間帯が決まっていますし、混み合っている場合は繋がりにくくなることもあるため注意が必要です。その点、インターネットであれば受付時間に関係なくいつでも申し込みができるので、忙しい人はこちらの方法をとると良いかもしれません。

また使用停止をする場合は、その当日に業者の担当者が来て確認作業をおこなうことになるため、立ち合いが必要になるのかどうかが気になる人もいるでしょう。しかし確認作業といっても、ブレーカーがきちんと落とされているかどうかを確認するだけなので、基本的には立ち合いの必要はありません

そして料金の支払いについては、かつては現地で徴収するというやり方が取られていましたが、現在ではそうしたことはおこなわれていません。ですので残りの料金は、口座引き落としやコンビニ支払いなどの、今までと同じ方法で支払うことになります。

新居で使用開始するときも手続きが必要になる

今まで住んでいた旧居での使用停止の申し込みの仕方やタイミングは先ほど紹介した通りですが、新居に移った後も手続きが必要になります。実は賃貸住宅などの場合、ブレーカーさえ上げればすでに電気が使える状態になっていることが多いので、特に使用開始の作業や立ち合いなどは必要ありません。

しかし新居の部屋には、電力会社の書類が必ず置かれているので、そこに書かれている指示に従って書類に記入をおこない、それを電力会社へ郵送する必要があります。あるいは使用開始の申し込みは、インターネット上でもおこなうことができるので、そちらを利用するのもよいでしょう。

ただし、すでに使える状態になっているからといって、申し込みをせずにそのまま放置しておくと、使用を止められてしまう場合があります。ですので、新居に移ったらできだけ早く申し込みの手続きを進めるようにする必要があると言えるでしょう。

また、新居でも旧居と同じ電力会社を利用するのであれば、使用停止の申し込みと一緒に使用開始の申し込みをすることができます。しかし旧居と新居で電力会社が違う場合は、別々に申し込みをする必要があるので、その点に注意しておきましょう。

 

電気の使用停止の連絡をするタイミングは、引越し当日の1週間前程度がよいとされており、遅くても3日前までに済ませておくと安心です。使用停止の手続きは電話やインターネット上でおこなうことが可能であり、インターネットであればいつでも申し込みができて便利です。

そして新居での使用開始については、ブレーカーを上げれば電気を使えるようになりますが、部屋に置かれた電力会社の書類に記入し郵送するなどの方法で、早めに申し込みをする必要があります。