ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

引越し先の電力会社の選び方とは?

    

これまでは住んでいる管轄の電力会社から電力供給を受けることが決まっていたため、電力会社が定めているプランから選ぶしかありませんでした。しかし現在は電力自由化により自分たちで電力会社を選ぶことができます。引越しをする場合の電力会社の選び方としては、さまざまな料金プランを見比べる必要が出てくるでしょう。

生活スタイルを考える必要がある

引っ越しをきっかけに電力会社を選ぶ場合には、従来の電力会社の中から選ぶのか、それとも新電力を選ぶのかなど、どこと契約をするのかという選び方のポイントを定めておくことによって、選択がかなり楽になっていくことでしょう。

近年では新規参入事業者が数多く現れて、お得な料金プランが打ち出されています。一番大切なことは自分たちの生活スタイルに一番適しているプランを選ぶことと言えるでしょう。

その基準となるものが、自分たちの生活スタイルにおいて、一番たくさんのお金を支払っているものが何なのかを考えることです。これに新規参入事業者の新電力を絡めることによって、電気代そのものを安く抑えられるケースが出てきたり、電力と絡めてもう一方がお得になるケースも出てきます。

支出が多いものは生活スタイルにより異なる

電力自由化によってあらわれた新規参入事業者の中には、携帯電話会社やインターネットプロバイダーなど数多くの企業が見られます。そのほかにもガソリンスタンドを運営している石油元売り会社や、スーパーマーケットなどの小売り業もあるでしょう。

大手インターネットショッピングサイトの運営元も新規参入事業者として参加していることから、自分は何とセットにすることで一番お得になるのかを考えることが最も重要と言えるでしょう。

近年ではスマートフォンをはじめとした携帯電話は生活の上で欠かせないものとなっていますが、中には携帯電話会社は有名どころであるキャリアが必須となっている人も多く見られます。これからも格安スマートフォンに乗り換えるつもりがないのであれば、携帯電話会社の大手キャリアも電力自由化に参入しているので、これらを選ぶのも一つの手段と言えるでしょう。

電話会社の場合には、電気料金そのものが安くなるというわけではなく、携帯電話の使用料金に対して毎月ポイントが与えられることが多く、電気料金に対してもポイントが付きます。これによりポイントが付く分だけお得になるシステムが採用されているところが多く見られます。

新規参入事業者を選ぶことの一番のメリットとしては、その事業者が提供しているサービスと電気をセットにして割引きが受けられるというところにあります。そのため自分たちの生活スタイルにおいて、一番お金がかかっているところが何なのかを確認して、それとセットにすることが、一番料金を抑えられることにつながるとわかります。

ガスや自動車とのセット割引も考えましょう

家庭の電力の中でも一番料金を使うものは、電気とガスと言えるでしょう。もしも電気とガスの両方を使っていて、電気だけではなくガスの使用量も多いという過程であれば、ガス会社から電気も一緒にまとめて供給してもらうという方法を選ぶのも一つの手段といえるでしょう。これもいわゆるセット割の一つです。

家族の帰宅時間がばらばらであり、何度もお風呂の追い炊きをするといった場合には、ガス料金もかなりかかってくることになるでしょう。現在このような状況なのであれば、エネルギー同士のセット割を取り入れることによって、家計の見直しに大きく直結します。

これは大きなメリットとなるはずでしょう。また近年では戸建て住宅に住んでいる人の中には、自家用車が2台分とめられるスペースを設けている家も珍しくありません。

近年では初婚年齢も上がり、結婚して家を出る子供の年齢も上がっている傾向にあります。このようなことから親子でそれぞれの車を所有していることもあり、ガソリン代がかなりかかっているという家庭も多いことでしょう。このような家庭であれば、ガソリンスタンドと電力利用契約を結ぶのも一つの手段となります。

中には1カ月250リットルまでのガソリンに対して、1リットル当たり1円引きになるところもあります。利用するに当たり登録したカードを使う必要があり、現金やクレジットカードを利用することはできませんが、ひと月当たり150円の節約につながります。

150円ではそれほど節約にならないと考える人もいるかもしれませんが、そのほかにもひと月100リットルまでは1リットル当たりガソリンが10円安くなるところもあります。

このようなところであればひと月当たり1000円も節約することができ、年間に換算すると1万2000円がお得になります。自動車を所有している家庭であれば、このような自動車に絡めた料金プランもおすすめの一つになります。

 

このように一番大切なことは、自分たちの生活スタイルをよく考えた上でそれに見合った電気料金プランを選ぶことだとわかります。しかしセット割のある電力会社が必ずお得だとは限らず、セット割などがなくても十分に電気代が安くなる電力会社も見られます

本当に必要なサービスの場合には検討するのも一つの手段ですが、対して必要のないサービスを少しの割引ために選ぶのは考えものです。また中には契約期間の縛りがある電力会社もあるので、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。