ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

乗り換え前に確認すべきことって?解約金は発生するの?

    

今は電気の選択肢が色々ありますし、それぞれの会社によって特色が異なります。住み続けている場合は面倒に感じても引越しは良いチャンスですので、申し込める会社を探してみましょう。

良い選択ができればお得に利用できるようになりますが、乗り換える前に確認すべきことがいくつかあります。

最初に確認したいのは解約の条件

これまで使っていた電力会社を解約して新たな会社と契約する場合には、まず最初に解約条件について確認しなければなりません。契約期間や解約金は必ず確認すべき項目であり、中には解約金なしで解約できるところもあります。

一般的には1,000円から3,000円程度と安く済みますが、中には1万円を超える請求がくることもありますので注意が必要です。ほとんどは解約金を必要としませんが、かなり昔に契約したものになるとどのような契約になっていたかが曖昧になり、思わぬ出費につながる可能性もあります。

発生するパターンはいくつかあり、短期間で解約する場合には該当するかもしれません。これは会社ごとに異なる条件であり、翌月に解約しても発生しないケースもあれば、3年使わないと発生するケースもあります。

これから契約する際には、このような条件に詳細までしっかりと目を通し、解約金がかからない会社を選ぶのが得策です。お得プランを利用している時には2年契約をしていて途中での解約にはお金がかかることもありますし、解約月以外には発生するといった規定もあります。

また、最近増えているのはスマートフォンやインターネット回線とセットにして契約を結ぶタイプであり、これはセットにしているサービスごとに解約金が発生する可能性があり、注意が必要です。セット割引はお得ですが、その分気になる条件もあるはずです。

乗り換えによって料金が上がることも

乗り換えをすれば電気料金が下がると思い込んでいる人が多いようですが、実際に引越しと当時に別の電力会社と契約したらかえって高くなってしまったということがあります。料金体系や設定は会社ごとに取り決められているものであり、電気をたくさん使わないとお得にならないケースも多々あります。

一人暮らし世帯やオール電化プランで申し込んでいる場合には料金が上がりやすいので、事前にしっかりとしたチェックが必要です。電気代を抑えるために乗り換えても高くなってしまったのでは意味がありませんが、勧誘された時に安くなることを必要以上に匂わせる業者もありますので、冷静な判断が求められます。

世帯や生活スタイルによって、合うプランが違います。ピッタリのプランが用意されている電力会社を選べば無駄な出費を抑えることができ、使用頻度の高い時間帯で安くなるプランを利用することが可能です。

夜型の生活で活動を夜行う場合には夜間の電気代が安くなっている方が良いですし、日中のうちに家事を済ませるご家庭では日中の電気料金を抑えめに設定しているプランがお勧めです。

引越しと同時に乗り換えると忙しくてリサーチ不足のまま契約を結んでしまうことがありますが、解約金が発生するタイプを申し込んでしまうと、失敗したことに気づいてもすぐには解約できずに困ってしまいますので注意しましょう。

違約金以外で確認すべきポイント

違約金以外にも事前に確認すべき項目があります。検討している電力会社の支払い方法がかなり限られている可能性があり、大手と契約していた方法が利用できないかもしれません。

用意されている手段がこれまで使っていた方法なら良いのですが、新たな方法を選択しなければならない時に不便を感じる可能性があります。大手の支払い方法には様々な手段があり、口座引き落としやクレジットカード、コンビニ払い等多種多様な方法を選択できます。

これがクレジットカードのみ対応していたり、引き落としだけOKといった制限がかかることがあり、手数料もかかるかもしれません。一般的になっているクレジットカード払いならほとんどのご家庭で所持していて、かえって都合が良いと感じる人もいますので、便利だと思える選択をすることが大切です。

他にも紙の検針票が有料になっていて、発行してもらう場合には月々料金がかかるケースがありますが、インターネット環境の整っている現代においてはインターネット上で見られれば良いと感じている人も少なくありません。紙ベースでの検針票が欲しければ有料で出してもらえますが、必要なければ好きな時に見られるインターネット上のデータだけで十分です。不要なものを省いている分が低い料金にも反映されていますので、入っていてもほとんど見ることが無いのであれば気にならないでしょう。

 

引越しと当時にこれまで使っていた電力会社を乗り換える時には、解約金が発生しないかを事前に確認しなければなりません。解約金以外にもピッタリのプランを選択するためのリサーチが必要であったり、支払い方法に不便を感じないかを確認することも大切です。