ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

一人暮らしの電気料金ってどのくらい?もっと安くなる?

    


水道やガスとともにライフラインの中で特に大切な位置づけにあるのが電気です。一人暮らしでも電気を使わずに生活を送ることは事実上不可能で、しょうがない出費として受け止めている人がほとんどです。しっかりと見つめ直せばどのぐらいの料金を支払っているのか、それを切り詰めるための方法はあるのか考えてみましょう。

一人暮らしの電気料金の相場はどのくらいなのか

一人暮らしをしながらずっと平日も休日も家にいるということは稀です。たくさんの人にとって、学業や仕事で日中は空けていることが多くなります。ただ、それでも電気を使用しないということはありません。

例えば、冷蔵庫などは24時間年中無休で動いているのが通常ですし、空気清浄機を入れっぱなしの人も少なくありません。家に帰ってからもテレビやライトは使いますし、シャワートイレがある家は一人暮らしでも多いです。知らず知らずに使ってしまっている電力を考えることは、無駄ではありません。

一人暮らしをしている人は毎月どのくらいの電力を消費しているでしょう。あくまでも目安ですが、1ヶ月に4000円前後という人が多いです。この金額を高いと取るかどうかは個人差が見られますが、支払う料金は少ないに越したことありません。

日々の生活で少しずつ気をつければ、ずいぶんと無駄が多いことに気がつきます。 家に帰るとテレビをつけ、寝るまでずっとつけっぱなしというケースは意外と多いです。お風呂に入っている間やコンビニで少し出かける時などでも、消さずにそのままなこともたくさんあります。

電気は使った分だけ請求されるのが当然なので、こまめに消すなどの工夫は積み重なるとバカにはできません。一人暮らしをしているとつい夜更かしをしてしまいがちです。電気を使うことなく夜更かしをすることは難しいため、早寝も消費電力を減らすためには有効です。

切り詰められるところは切り詰めてできなければ他の方法も

消費電力を抑えるために、蛍光灯からLED電灯に変更を考える人もいます。LEDに交換をすれば確かに使う電気は少なく済みます。ただ、初期投資が少しかかるため特に引越しなどを考えている人にとっては悩ましいところです。引っ越し後も持っていけるものもありますがそうでないものもありますし、今使っているものがハード的に設置できないこともあります。

エアコンもたくさんの電気を使う機器の代表格です。近年のものはどんどん効率が良くなっており、使用する電力も少なく済みます。ただこちらも、購入に安くない金額がかかってくるため、引っ越しを考えているケースでは二の足を踏んでしまうことも少なくありません。

年中動いている冷蔵庫にも工夫の余地は存在します。いつも動いているからあまり関係ないと考える人もいますが、例えば中身がいつもぎっしり詰まっていて空気の流れが悪いと、たくさんの電気を消費してしまうのが冷蔵庫の特徴です。また、沸かしたばかりのお茶をいきなり入れるのも良くありません。冷やすためにたくさんのエネルギーを必要とするからです。

細かな工夫を積み重ねていけば、かなりの電力消費を抑える事はできます。ただ、近年もっと抜本的な方法が注目を集めています。電力会社を見直すという発想は、一昔前まであまりありませんでした。しかし、近年は参入する企業も増え、変更の方法もずいぶん簡単になっています。

たくさんある電力会社から合うところを選ぶ

電力会社の見直しや変更は、引越しなどをきっかけに考える人が多いです。一人暮らしでも電気料金を安くすることができるのかという疑問を持つのは、割と自然な発想です。

確かにたくさんの電力を使用する方がメリットは大きく、極端に電気の使用量が少ない超省エネタイプの人はもともと支払う金額も少なく、お得にならないケースもあります。ただ、検討をしてみることで損はありません。

多くの新電力会社は、大手の電力会社よりも安い電気料金を設定しているところが多く、使用料がさほど多くなくても安くなることはあります。まずは、自分がどれだけの電気を使っているのかを知る必要が出てきます。電力会社からの検針票や請求書にはキロ・ワット・アワー等の記載があるので、実際にシミュレートしてみると良いです。

新電力会社での支払いがいくら位になるのかは、各企業のホームページなどで比較的簡単に確認することができます。いくつかの会社を比較検討してみるとわかりやすいです。

アンペアの変更も有効な手段です。ただ、契約アンペアをあまり考えず安易に減らしすぎてしまうと、頻繁にブレーカーが落ちるなどの悪影響が出ることがあります。引越しがきっかけだとしても、慎重に行うことが大切です。

参入する企業は増加傾向にあるため、他社よりもお得感を出そうと様々なサービスが展開されています。プレゼントのキャンペーンやトラブル時の対応など、金額と合わせて検討するのがおすすめです。

 

一人暮らしでも電気料金を減らすために、引越しなどをきっかけにしていろいろ検討を重ねることは有効な手段と言えます。生活の中でできる工夫を重ね、引越しを機に電力会社を見直すことも良い手です。新しい電力会社はそれぞれに違った特徴を持つので、自分の電気の使い方をよく確認し、比較検討をすることが電気料金の節約につながります。