ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

夏のエアコンは24時間つけたままが安くなるってホント!?

    

寝る時のエアコンはどのようにするのが良いのでしょうか。

2~3時間後に消えるようにタイマーにしている人もいれば、つけっぱなしという人もいるようです。つけっぱなしの方が電気代は安く済むという噂もありますが、本当なのでしょうか。

電力の使用量は自転車を漕ぐ時と同じ

猛暑が続く日本では、エアコンなしで暮らすのは辛いことでしょう。しかし、電気代も気になります。電気代を気にしてこまめにエアコンを切ったり付けたりしたのに、いつも以上に電気代が高くなったという経験をした人もいるようです。

これはエアコンの消費電力は自転車を漕ぐときと同じだからです。自転車を運転する時、スピードが上がってくるまでは力を入れて漕ぐ必要があります。動き始める時に多くの筋力が必要です。ところが一定のスピードになってくると、それほどの筋力は必要なくなって、力をいれて漕がなくても自転車は走ります。

エアコン使用時の消費電力も、これと同じです。自転車を漕ぐときの筋力が、電力だと考えると分かりやすいでしょう。エアコンのスイッチを入れて設定温度になるまでは、多くの電力を消費します。しかし設定温度になれば、後はそれほど多くの電力を消費しなくても温度をキープできるのです。

したがってエアコンをつけたり消したりしていると電気代もたくさんかかります。一晩中つけっぱなしの方が、こまめにつけたり消したりするよりも安上がりになるのです。

外出する際は、外出時間が2時間を超える場合は一度消した方がベターです。でも、ちょっと近くのスーパーまで買い物に行くだけのとき1時間ほどで帰ってくるという場合は、つけっぱなしの方が安上がりになります。夜もつけっぱなしで寝るほうが、安上がりです。

寝る時の温度設定はやや高めにするのがベター

タイマーが切れると暑さで目が覚めてしまって、またリモコンで冷房を入れて起きたついでにお茶を飲んだりしていると、すっかり目が覚めてしまって睡眠不足だと言う人も多いでしょう。これでは疲れが取れません。経済的な観点からだけではなく、健康面からも熱帯夜はエアコンをつけっぱなしにすることをおすすめします。

その際の設定温度は、昼間の活動時よりも少し高めにするのが理想的です。一般的にすすめられている就寝時の設定温度は、27~28℃です。設定温度を1℃高くすると、消費電力は約13%も少なくて済みます。

涼しい空気は下の方へたまる性質があるので、扇風機を天井に向けて回すと、部屋の空気が攪拌されて、エアコンの設定温度が高めでも快適に過ごしやすいです。また、エアコンの吹き出し口を下に向けるのではなく、水平にする方が涼しさを感じることができます。

ちょっとした工夫で、より一層快適に過ごすことができて、電気代を安くすることができるのです。冷房よりも除湿の方が身体は冷えなくて良いのではないかと思っている人も多いようですが、実は除湿の方が室温を下げてしまうので、除湿の方が身体は冷え過ぎになりやすい傾向があります。

除湿にするか冷房にするかと迷う人も多いと思いますが、健康面から考えても、昼間よりも高めの温度設定の冷房で就寝されることをおすすめします。

お引越しの際は料金プランや電力会社を見直そう

冷暖房を全く使わない季節と比べると、猛暑日が続く夏は冷房代で電気代も高くなります。健康のためとはいえ、出費が痛いという人も多いでしょう。料金プランを見直したり電力会社を変えることで1,800円くらい電気代が安くなるというケースもあります。

多くの人が、自分が年間どれくらいの電気料金を支払っているのかを把握していないのではないでしょうか。銀行の口座から自動的に引き落とされているため、何かと忙しくてもう何か月も通帳記入をしていない人や、電気料金を確かめていないという人も少なくないようです。

昼間に電力を多く使用しているのか夜に多く使用しているのかで、料金プランを選ぶこともできます。電力自由化になったにも関わらず、電気料金を見直すことなく放置していませんか。何かの機会がないと、なかなか電力会社を変更しようなどとは思わないかもしれません。

しかし、引越しの時は、電力会社を変更する大きなチャンスです。引越しの際は、必ず電力会社にそのことを報告する必要があります。いつまで使用するのか、そして引越し先ではいつから電力をしようしたいのかを連絡しなければ電気を使う事ができません。

その際に少し電力会社の見直しをしてみてはどうでしょうか。あなたのライフスタイルに合った、料金プランがあるはずです。夜に多く電力を使っているのに、昼間優先のプランになっている例なども多々あります。引越しを機に、電力会社の見直しや料金プランの見直しすることをおすすめします。

 

夏の電気代が気になると思いますが、エアコンはつけっぱなしの方が料金的にも安く済みます。また、健康のためにもつけっぱなしの方がぐっすりと眠れて良いでしょう。電力会社を変えたら、1,800円も安くなったというケースもあります。電気代が気になる人は、電力会社の見直しや料金プランの見直しを行うことをおすすめします。