ライフプランに合った電力会社・引越し先の電力会社を見つけるなら、相談窓口の利用がおすすめ!

使用量が増えるほど料金がお得になるってホント?

    

電気代が高くて悩んでいるという人の中には、引越しをする機会に電力会社を変えてみようと考えている人もいるでしょう。新電力会社の場合は、使用量が増えるほどお得になると言われているため、気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、新電力会社を利用すると本当にお得なのかということについて分かりやすく紹介します。

従来の大手電力会社は電気を使うほど高くなる

新電力会社の場合は、電気を使うほどお得になると言われていますが、そう言われても半信半疑になってしまう人もいるでしょう。なぜなら従来の大手電力会社の場合は、多く使うほど高くなるという仕組みになっていて、それに慣れている人が多いからです。そのため、できるだけ節電しようと心がけている人も多いのではないでしょうか。

なぜ従来の大手電力会社では、使うほど高くなるのかというと、それは3段階で単価が変わる従量制が設けられているからです。この従量制では、使用量120kWhまでの1段目は比較的安い単価が設定されているのですが、300kWhまでの2段目やそれ以上の3段目になると次第に単価が高くなっていくのです。

1段目と3段目では、1.5倍程度も単価が違うため、多く使ってしまうとその分の負担も増えてしまいます。それに従来の場合は、基本料金というものも設定されているので、その分が加算されることも忘れてはいけません。

従来の場合の基本料金は、一度に流れる電気の容量を意味するアンペア(A)によって金額が変わるという仕組みになっており、このアンペアの数値が大きいほど高くなります。

そのため、一度に多くの電化製品を使う家庭では、基本料金のほうも高くなってしまうのです。従来の場合は、こうした仕組みを採用しているため、使えば使うほど高くなってしまうということが理解できるでしょう。

新電力会社だとなぜお得になるのか

従来の料金の大まかな仕組みは上記の通りですが、引越しなどで新電力会社に変えたい場合に気になるのは、その仕組みがどうなっているのかということです。新電力会社の場合は、実は基本料金が0円で、単価が一律になっているところが多く見られます。

つまり従来とは違って、ただ使った分だけ支払えばいいということであり、どれだけ使っても単価が変わらないということです。そのため極端に言えば、全く電気を使わない月があったとしたら、その月の分は支払いをしなくてもいいということになるでしょう。

ではなぜ使うほどお得になるのかというと、それは単価が一律になっているからです。従来の場合は使用量によって3段階の単価が設定されており、一番安い1段目と、最も高い3段目では1.5倍程度も金額が違います。

しかし新電力会社の場合は、それほど高くない単価が設定されていて、しかも使用量に関係なく一律に適用されるため、従来のケースと比べると多く使うほどお得になるのです。そして基本料金も0円なので、従来のようにアンペア容量が大きくなるほど基本料金も高くなることもありません。

そのため、使用量が多い場合は、引越しなどの際に新電力会社に乗り換えることでお得になることが多いのです。実際に、毎月の支払が1,000~1,500円程度安くなったというケースもあると言われているので、引越しの際はぜひ検討してみるとよいでしょう。

新電力会社に変えるときの注意点

新電力会社の場合は、使うほどお得になることがあるということが分かりましたが、注意しておきたいこともあります。それは何かというと「オール電化の場合は必ずしも安くとは限らない」ということです。オール電化にすると、通常よりも多くの電気を使うことになるため、使うほどお得になるという新電力会社のほうが良いように思えます。

しかしオール電化は、従来の大手電力会社の場合でも通常より10%程度割り引きされているのです。それに深夜電力に関しても、日中の半分程度に設定されているため、そのことを活用した節約も可能になります。

一方の新電力会社の場合は、通常より5%程度安くなるだけにとどまることが多いので、逆に損をしてしまう可能性があるのです。ただし新電力会社の場合も、プランによってはお得になるケースもあるため、そうしたものを比較検討してみるのもよいでしょう。

その他の注意点としては「一人暮らしの場合は安くならないケースがある」ということが挙げられます。使用量が多いと思っている人でも、一人暮らしの場合は、実際にそこまで多くない場合もあるからです。では、どれぐらいの使用量であればお得になるのかというと、それは月の平均が4000円以上の場合だと言われています。

一人暮らしの場合は、その目安以上の使用量かどうかということをあらかじめ確認しておくことが重要だと言えるでしょう。

 

従来の大手電力会社は、使用量が多くなるほど単価が高くなるという仕組みですが、新電力会社は単価が一律なので多く使うほどお得になります。ただしオール電化の場合は、従来から割引されているため、新電力会社に変えても安くならないケースがあるという点に注意しましょう。